医学部 基礎医学解剖学ⅡAnatomy II

JapaneseEnglish

研究室HP

DSC_8344(fin)

講義は第1学年で骨格系、神経系、生殖器・内分泌系、感覚器系を担当し、第2学年では生殖器・内分泌器・神経系・感覚器系の組織学を担当している。第2学年で行なわれる実習では、頭部・下肢の人体解剖、骨実習、脳実習を、組織実習では生殖器・内分泌器・感覚器を担当している。研究面では人体解剖学が教室のテーマであり、臨床との関連を念頭に肉眼的レベルで動脈、筋、末梢神経を解析している。さらに下垂体について免疫組織化学から電子顕微鏡レベルで研究を行っている。脳の肉眼解剖学的研究は、画像技術の進歩に伴い再び注目されつつある。当講座には白質線維解剖や海馬の構造について研究実績があり、さらに研究を推進したい。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8115 +81-76-218-8115 / FAX: 076-286-2843 +81-76-286-2843 / Email: anatomy2@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 本間 智

嘱託教授

  • 篠原 治道

講師

  • 薗村 貴弘

助教

  • 安高 悟
  • 木南 利栄子

主な研究業績

部門別研究業績

  • Yasutaka S, Shinohara H, Kominami R. Gross anatomical tractography (GAT) proposed a change from the ‘Two laminae concept’ to the ‘Neuronal unit concept’ on the structure of the human hippocampus, Okajimas Folia Anat Jpn, 89(4): 147-156, 2013.
  • Kominami R, Shinohara H, Yasutaka S, Kishibe M. The human hippocampus observed by scanning electron microscopy (SEM): The dentate gyrus is made of an array of the neuronal lamellae, Okajimas Folia Anat Jpn, 89(4):157-164, 2013.
  • Honma S, Aimi Y, Kudo M. Ring formation of the internal iliac artery, Surg Radiol Anat, 35(2): 169-171, 2013.
  • Honma S, Matsuda W, Kudo M. Right hepatic artery traveling anteriorly to the common bile duct, Anat Sci Int. 88(2): 93-96, 2013.
  • Sonomura T, Furuta T, Nakatani I, Yamamoto Y, Unzai T, Matsuda W, Iwai H, Yamanaka A, Uemura M, Kaneko T, Correlative Analysis of Immunoreactivity in Confocal Laser-Scanning Microscopy and Scanning Electron Microscopy with Focused Ion Beam Milling, Frontiers in Neural Circuits, Vol.7, No.26, 1-7, 2013.

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) 平成23年度〜平成25年度
    味覚BMIの臨床応用に向けた味覚神経回路の機能的かつ形態学的な解析 4,290千円(薗村貴弘)
  • 旭硝子財団研究助成 平成23年度〜平成25年度
    味覚ブレインマシーン・インターフェイス(BMI)の開発に向けた基盤研究 2,000千円(薗村貴弘)
  • 武田科学振興財団 ビジョナリーリサーチ助成 平成25年度〜平成26年度
    「人工の舌」味覚BMIの開発に向けた基盤研究 2,000千円(薗村貴弘)